「#新宿エール飯」SNSで飲食店を応援

「#新宿エール飯」SNSで飲食店を応援しよう

2020年5月4日

新宿エリアで飲食店のテークアウトを応援するプロジェクト「#新宿エール飯」が始まりました!

SNSに投稿された「#新宿エール飯」で見つけた店、自分が知っている店などでテークアウトした料理の写真を撮り、店名と共にフェイスブック、ツイッター、インスタグラムに「#新宿エール飯」のハッシュタグを付け投稿することで参加できるというものです。

#新宿エール飯が生まれたきっかけ

「#〇〇〇」というのは、もともと大分県・別府市が始めたプロジェクトで、新型コロナウイルス感染症で打撃を受けた飲食店を応援するために生まれたボランティア企画です。
初めは「#別府エール飯」と題し始めたのですが、全国各地にこのプロジェクトが広がりました。

新宿で始めたのは同ハッシュタグの普及を推進するプロジェクトのメンバーで、新宿でカフェなどを手掛けるテーブルインク(新宿区)の原広之さんという方です。

全国で『〇〇エール飯』というハッシュタグが広まりを見せているが新宿にはまだなかったので、別府市観光戦略部観光課に連絡し許可を頂いて始めたそうです。
新型コロナウイルスで元気がなくなった街や店、そこに関わる人たちに少しでも活気を取り戻したいというのが原さんの希望です。

皆がハッピーに #新宿エール飯

残念ながら飲食店は以前のような店舗内の営業をすることができず、自粛状態の店舗が多いなか、新たな動きとしてテイクアウトとしての営業が始動しはじめています。

客としてもステイホームが推奨され自宅待機の人が多く、自粛疲れがたまってきているようです。
そこで、気晴らしになるような楽しみとして、たまには美味しいものを食べたいという欲求が生まれてきているようです。

新宿には34万7000人の区民がいます。この新宿版ハッシュタグを通じてテークアウト情報を広く伝えましょう。みんなで店を守ったり店側もいつもの味を届けたり、そんな相互の関係を気づけたら楽しいではありませんか。

原さんは「『なんだか良いもの、癒やしの時間、ハッピーな時間』、そんな『コト』を集めたカフェ。テークアウトは近くの会社にお勤めの方や近隣店舗の常連のお客さまなどが利用してくださっています。『#新宿エール飯』チラシ印刷用のデータも用意されているそうで、テークアウト商品を渡す際に入れるなど、ほかの店でも使ってもらえたら」と呼び掛けています。

#新宿エール飯 皆さんの情報例

タグ: , , , ,