レーシック 新宿

レーシック手術を検討している人

2014年2月26日

レーシック 新宿

そもそもレーシック手術を紹介しますと近視・乱視を治療する屈折矯正手術です。

レーシック 新宿
新宿のクリニックの手術の流れは、麻酔の点眼薬を術部につけ、角膜の表層を削ってフラップという蓋のようなものを作ります。
そして、レーザーを当ててフラップの処理を行い手術終了です。

角膜にマキシマレーザーを当て、角膜のカーブを変えて屈折率を調整することで視力回復となるのです。

新宿でのレーシック手術の特徴として、まず1ついえることは、このフラップの作成の精度が高いということです。

フラップは角膜表層を薄く削って作る蓋状のもので、フラップには術後の痛みを和らげたり、回復を早くしてくれる役割があります。

従来までのレーシック手術は、角膜の形が変わっている人だとフラップの作成が難しく、手術が受けられないということもありました。
最新のレーザー機械の利用をしている新宿のクリニックでは、どのような角膜の形状をしている人でも、レーシック手術が受けられます。

レーシック失敗@レーシックのトラブルまとめレーシック失敗@レーシックのトラブルまとめ
レーシックで失敗しないために

タグ: ,