新宿区で毎年開かれる行事、イベント

新宿の祭り 新宿の祭り

新宿は池袋、渋谷と並ぶ3大副都心の1つで、歓楽街、オフィス街となっています。

海外出身の住民も多い、多国籍な文化の香りもする地域です。

新宿で毎年開かれている行事、イベントをまとめました。

4月:花見、おとめ山公園新宿御苑など

4月下旬~5月上旬:下落合にある東長慶寺・薬王院は4月下旬から5月上旬にかけて牡丹園が楽しめます。

7月:神楽坂まつり・・・毎年夏に、毘沙門天善國寺周辺で神楽坂祭りが開かれています。

境内では子ども縁日もあり、多くの人で賑わいます。1~2日目には「ほおづき市」、3~4日目には「阿波踊り」が行われます。

7月:新宿エイサーまつり:2002年(平成14円)に始まったお祭りです。

新宿駅西口、東口一帯で行われます。たくさんのエイサー隊が踊りを披露します。

無病息災、家内安全を祈願した踊りです。太鼓と、飛び跳ねたりする軽快な踊りが特徴です。

例年100万人程度が訪れる盛大な祭りです。

屋台は出ませんが、飲食店が多い地域なので、飲食に困ることはありません。

大新宿区祭り

10月:大新宿区祭り・・「芸術天国」(ファッションショーや大道芸がストリートで繰り広げられる)

ふれあいフェスタ」(世界の文化や歴史を発見するイベント)などが開催されます。

10月:高田馬場流鏑馬 体育の日に戸山公園で開かれます。

新宿区指定無形文化財に指定されています。

11月:大酉祭(酉の市)・・花園神社で開かれ、商売繁盛を祈る熊手を売る店舗が多数出展します。

境内にはたくさんの露店も並びます。毎年50万~60万人が訪れる祭りです。

以上、新宿で毎年開かれる、祭りや行事をまとめてみました。

祭りや行事は、地域の意外な側面を知る機会になるかもしれません。