JR新宿駅の「東西自由通路」で東西移動が便利に

JR新宿駅

JR新宿駅の「東西自由通路」開始 で新宿の東西移動が便利になります!
西口と東口をつなぐ自由通路が、19日開通。

併せて改札6か所の名称も変更

首都東京の巨大ターミナル・新宿駅。
一日あたりの乗降客数が世界一の新宿駅は、誰もが認める巨大ターミナル駅です。
JR東日本など6社11路線が乗り入れ、乗降客は1日あたり約350万人超と世界一の規模とされています。

百貨店や飲食店が軒を連ねる東口と、高層オフィスビルが多い西口の行き来がしやすくなる。周辺では再開発の計画が目白押しで、今後数十年で新宿駅は大きく生まれ変わります。

西口と東口を結ぶ自由通路「東西自由通路」

これまではJR新宿駅の西口と東口を移動する改札を通って駅の中を移動するか、構内を通らずに東西を移動する際は、南東京メトロの地下通路経由、甲州街道経由、鉄道橋下の角筈(つのはず)ガード経由、大ガード経由といった方法がありました。
JR東日本によると、西口と東口の距離は東京メトロの地下通路経由で約250メートルだったのが約100メートルになり、約2分の時間短縮になるといいます。

東西自由通路は幅約25メートル、延長約100メートル。JR新宿駅の西口と東口を結ぶ改札内の通路を8メートル拡幅し、19日から自由通路になります。既存の改札やみどりの窓口、券売機は通路に沿って配置され、始発から終電までの間に利用できるとのことです。

西口と東口を結ぶ自由通路「東西自由通路」

「東西自由通路」と伴う変更

同駅では2012(平成24)年から、東口改札と西口改札を結ぶ地下改札内の北通路(幅約17m)を拡幅し、幅約25m、長さ約100mの改札外自由通路にする工事が進められています。東西自由通路とともにホームへの24人乗りエレベータも整備。あわせて東口・西口改札の移設・改称も行われる予定です。

改称について

改称については、東口改札は「東改札」、西口改札は「西改札」、中央東口改札は「中央東改札」、中央西口改札は「中央西改札」、南口改札は「南改札」、東南口改札は「東南改札」にそれぞれ変わります。新南改札、甲州街道改札、ミライナタワー改札の名称は現在のままです。「東口」「西口」など出口の名称は変わりません。

  • 東口改札→東改札
  • 西口改札→西改札
  • 中央東口改札→中央東改札
  • 中央西口改札→中央西改札
  • 南口改札→南改札
  • 東南口改札→東南改札
  • 新南改札→変更なし
  • 甲州街道改札→変更なし
  • ミライナタワー改札→変更なし
東改札前

東改札前

西改札前

西改札前

新宿駅東口

新宿駅東口は、東西自由通路供用と連動して駅前広場の歩行者空間拡張工事を進め、7月中旬に完成予定。歩行者と車両の動線を分離するため、駅前広場内の車両動線を変更し、歩行者空間を拡大します。

地上では、駅前広場内の車両動線を変更し、歩行者空間を拡大する工事が並行して進められています。歩行者空間の拡大と、ルミネが共同で携わる「賑わい空間」が整備されます。広場全体の整備完了は2021年3月の予定です。

加えて、新宿駅東口の新たなランドマークとして、ルミネエスト新宿前の駅前広場にパブリックアートを用いた賑わい空間を、ルミネと共同で創出。7月中旬の完成を予定しています。

歩行者空間を拡張

出典:
JR東日本ニュース
東日本旅客鉄道株式会社